レポート

開設1周年記念 訴訟ファンドのすべてPVランキング

本サイト訴訟ファンドのすべて(運営:株式会社ジュリスティックス)は、2018年1月でサイト開設から1周年を迎えました。1周年を記念して訴訟ファンドのPV(ページビュー)ランキングを発表いたします。

 

コンテンツランキング

【1】訴訟ファンドとは

訴訟ファンドの基本構造として、「訴訟(仲裁も含む)当事者以外の第三者が、訴訟当事者に対して訴訟費用を原則ノンリコース条件で提供するもの」と定義し、日本における訴訟ファンドの位置づけや新しいコーポレートファイナンスとしての側面について紹介しています。

http://soshofund.com/what_is_lf/

 

【2】訴訟ファンドの組成と法的構成

訴訟ファンドの組成のされ方、訴訟ファンドの正式契約前の事前審査、訴訟費用として資金が提供されるうえで検討されるべき観点についてご紹介しています。

http://soshofund.com/leagal_view/

 

【3】訴訟ファンドの活用メリット

民事訴訟の構造に起因する企業が抱えがちな問題点と企業にとっての訴訟ファンドの活用のメリットの論考です。

http://soshofund.com/isuues/

 

海外トピックスランキング

【1】シンガポールが第三者による訴訟資金供与を認める法律制定

-アジアの国際仲裁の中心であるシンガポールが、Third-Party Litigation Fundingの障害となっていたコモンロー上のMaintenanceと Champertyの失効を明らかにした

-条文の中にThird-Party Litigation Fundingを規制する権限を主務大臣に与えており、自然発生的に訴訟ファンドビジネスが起こっている米国のようにはさせない意図である。

http://soshofund.com/2017/01/11/topics-6/

 

【2】ドイツで初のフルサービス訴訟ファンドが誕生

-Therium Groupがドイツで初のフルサービス訴訟ファンドが立ち上げることを発表

-法規制がますます複雑化するドイツにおいて、企業の法的紛争が増加し、訴訟ファンドの市場が明らかになってきつつある。

http://soshofund.com/2017/03/15/topics-3/

 

【3】英国・ロンドンの訴訟ファイナンス会社Burford Capitalが米国・シカゴの訴訟ファイナンス会社Gerchen Keller Capitalを1億6000万ドルで買収

-米国の訴訟ファイナンスビジネスは2015年から2016年にかけて急速に拡大してきた中で大手の地位を占めていたGerchen Kellerが買収された

-英国と米国の大手訴訟ファンド会社が統合されることにより、クロスボーダーで訴訟ファンドビジネスが展開されていくことが予想される。

http://soshofund.com/2017/01/09/topics-7/

 

今後とも皆様のお役に立てるような情報を発信してまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

今後訴訟ファンドに関するイベント等の開催も予定しております。情報のご提供をご希望の方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡先を送信ください。

※お問合せ内容には、訴訟ファンドの情報提供希望とご記入ください。

http://www.juristix.com/contact